税金の支払いに追われ、銀行のカードローンを利用しました

住宅ローンを組んだときに銀行から勧められたカードローン。金利は低く、万が一住宅ローンの金額が引き落とされなくても自動融資されます。キャッシング機能のようなものは使ったことはありませんでしたが、家の購入で貯金がほぼなくなり、わずかな貯金も事情があって生活費に消えました。

主人が持病で残業がままならず、給与が激減したので貯金どころか、支払いばかりで貯金が減る一方でした。

そんなとき、来る税金の請求書。自動車税、固定資産税、車検などなど …。

ボーナスまであと一息。その前に支払いの期限が来てしまう。

悩んだ挙句、その銀行のカードローンを利用することにしました。

簡単にATMから希望額が引き出せました。

自分のお金のような錯覚に陥ります。生活費にキャッシングするなんて。と思いましたが、またATMで気軽に返せるし、数日ならば金利も安いので便利だと思いました。

そして2週間後ボーナスが入ってすぐにATMで返済をしました。これを機に、きちんと備えておかなければと思い、なるべく急な出費や主人の体が思うようでないときのためにコツコツ貯金しています。

金銭感覚をしっかりもっておかないと、雪だるまのように借金が増えてしまうので、使い方さえ気をつければ便利だと思いました。