中小のサラ金も利息がいい時もある。

中小のサラ金は基本的に金利が良いから利用し難いという意見がありますが、
本当は中小のサラ金もファクターによっては大手サラ金や銀行系カードローンよりも金利が安いケースがあります。

たとえばいつもという組合は限度額が50万円までとなっているのに、下限金利が時期7.0パーセンテージと10%を下回るような箱です。
元来50万円くらいの借受ですと大手のサラ金も10%の利子を上回るようになっています。

これを考えると、ある程度の軍資金を借り上げることによって、本当は中小のサラ金のほうが嬉しい場合にもあるというのです。
もちろん中小企業もこのような金利基準になっているわけではありませんが、こういった周辺もありますので
色々さがしてみるといいでしょう。

キャッシングの利息で出た端数はどう返す?

キャッシングでは借りた元金に、金利を借りた期間で割った利息が付きますが、そうなると返済するべき額に端数が出てきます。
返済はコンビニATMで行う方法が主流になっていますが、コンビニATMでは硬貨を扱っていないので、返済することが出来ません。

ではその端数はどう返済するべきかとなると、実は返済しなくていい、という会社が多いです。
正確には解約する時には有人店舗の窓口や銀行振り込みなどで返済する必要がありますが、そうでないなら数円数十円だけの元金には利息がつかず、長期間返済しなくても信用情報を傷つけないお金として扱う会社が少なくありません。
この場合、次にお金を借りた時に一緒に返すことになり、それまで無利息だった端数分にも利息がつきます。