マニア垂涎のビンテージデニムと出会って。

私はこれと決めたらとことん熱中するタイプで、小学生のときは遊戯王カードというカードゲームに夢中になり、何枚も集めて、ついには洋服ダンスが1ケース、2500枚くらい集めたこともあります。最近、私が熱中しているのは、ビンテージのデニムで、リーバイスのビッグEとよばれるジーンズが好きで好きでたまりません。

いつか1920年代のXX(正直100万円くらいしますが・・・)をこの手に入れたいと思っているほどです。デニムとの出会いは一期一会ですし、昔の状態の良いものはどんどん買われてしまいますから、その希少価値が上がっていくところも惚れ込んでいる部分です。

先日も懇意にしている九州のビンテージショップで45万円のデニムを紹介していただいて、マニア垂涎という感じのディティールでのどから手が出そうになるほど欲しかったのですが、予算が15万円ほど足りず、泣く泣くその日は帰ったもののどうしても諦めきれなくて、翌日、キャッシングを利用して購入しました。

キャッシングなんて借金じゃん!と突っ込まれそうですが、クレジットカードも似たようなものですし、ちゃんと毎月返済して良い付き合いができているので問題ないと思っています。私のようなマニアは絶対に欲しくなってしまうので、キャッシングには助かっています。