専業主婦でも契約できるカードローンとは

カードローン商品の多くは、申込み要件に「申し込み者本人に安定した収入があること」を申込み要件としていますし、消費者金融のカードローンも総量規制の対象となっているため、自分自身に安定した収入がない専業主婦の場合、カードローンを契約することは現代社会では非常に厳しくなっています。しかし一部の銀行系カードローンであれば、専業主婦でも契約が可能となっていますし、その代表的な商品として人気なのが楽天銀行のカードローンとなっています。

楽天銀行のカードローンは、満20歳以上で配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも契約可能となっています。利用限度額こそ最高で50万円までという制約がありますが、その分収入証明書類の提出も不要で契約ができるので、カードローン契約をしたい専業主婦におすすめです。

モビットに見るこれからの個人金融

“モビットが初めて出てきた時の事皆さん覚えていますでしょうか。

武富士、アコム、プロミス、アイフルの四社の消費者金融の旺盛にMUFGグループとプロミスの共同会社として、急に出てきました。その後にプロミスのSMBC買収により現在では完全なSMBCグループになりましたが、この時から個人金融の流れは『消費者金融淘汰』に向いて流れていたと思われます。

現状の貸金業法の規定では、総量規制で過剰貸し付けを禁止されてしまいました。一方でクレジットカードのショッピングや銀行カードローンは割賦販売法と銀行が適用されるために、無制限に貸し出しを行うことが出来ます。

現在の状況では消費者金融に申し込みを行う客は、ショッピングや銀行カードローンで借りすぎて返済がおぼつかなくなった、いわば『出涸らし』の様な状態です。
消費者金融大手は銀行カードローンの保証業務に精をだし、銀行との提携が出来なかった中小規模消費者金融は融資をする先が無いと嘆く。

個人金融が銀行カードローンだけになる日も遠くないのかもしれません。”

みずほ銀行のカードローンのエグゼクティブプランについて

都市銀行の一行であるみずほ銀行が取り扱っているカードローンには、2つのプランがあり、そのうちの一つであるエグゼクティブプランは、申込がしやすい上に、利用限度額が高く、金利も低いので絶対的なお得感のあるカードローンとなっています。みずほ銀行カードローンのエグゼクティブプランの特徴について具体的に説明をします。

・金利と利用限度額について

金利は年3.0%~7.0%であり、利用限度額は最大で1000万円となっています。消費者金融などのカードローンと比べると圧倒的な数値となっています。

・契約がしやすい

Web完結での契約が可能なので、来店不要で契約ができます。またみずほダイレクトからの申込であれば本人確認書類が不要ですし、限度額200万円までの申込であれば収入証明書類も不要で契約ができます。

・プレゼント特典について

直近1年間の平均利用残高が一定額以上であれば、全員にプレゼントが送られますし、直近半年間の平均利用残高が一定額以上であれば抽選でプレゼントが当たる特典があります。

税金の支払いに追われ、銀行のカードローンを利用しました

住宅ローンを組んだときに銀行から勧められたカードローン。金利は低く、万が一住宅ローンの金額が引き落とされなくても自動融資されます。キャッシング機能のようなものは使ったことはありませんでしたが、家の購入で貯金がほぼなくなり、わずかな貯金も事情があって生活費に消えました。

主人が持病で残業がままならず、給与が激減したので貯金どころか、支払いばかりで貯金が減る一方でした。

そんなとき、来る税金の請求書。自動車税、固定資産税、車検などなど …。

ボーナスまであと一息。その前に支払いの期限が来てしまう。

悩んだ挙句、その銀行のカードローンを利用することにしました。

簡単にATMから希望額が引き出せました。

自分のお金のような錯覚に陥ります。生活費にキャッシングするなんて。と思いましたが、またATMで気軽に返せるし、数日ならば金利も安いので便利だと思いました。

そして2週間後ボーナスが入ってすぐにATMで返済をしました。これを機に、きちんと備えておかなければと思い、なるべく急な出費や主人の体が思うようでないときのためにコツコツ貯金しています。

金銭感覚をしっかりもっておかないと、雪だるまのように借金が増えてしまうので、使い方さえ気をつければ便利だと思いました。

親父サラリーマンのやりくり

私は40代の親父サラリーマンです。

バブル期にちょうど就職し、その後は景気低迷期がずっと続き、給料はどんどん下がり、小遣いも下がり、苦しい毎日を送ってます。

でも、うちの嫁さんは優しいので、毎月の小遣いは私の主張する最低限の金額(4万円)はくれています。4万円の毎月の使用内訳としては、昼食代1万円、煙草代1万5千円、飲み物代5千円、飲み代1万円といったところです。

非常に厳しいです。

サラリーマンをしていると、急に上司から誘われることもあります。また、同僚や部下から誘われることもあります。こんな時、財布の中と相談して、いつも何かと言い訳して飲み会には極力参加しないようにしてました。

でも、先日どうしても参加しなければならない飲み会が急きょ発生しました。それは、長期に東京へ出張に行く同僚の壮行会でした。

私としても、それは参加しないとやばいぞ、と思い財布の中をのぞいてみたら、千円札が数枚あるだけでした。

どうしようかと、何時間か悩んだんですが、ふと気が付きました。

それは、若い時に作ったカードローンで、キャッシングすれば良いのではという事でした。

今までは、カードを作成して10年以上経っていたためカードを持っていることすら忘れていましたが、よくよく考えるとこういう時の為に、カードをつくったんですよね。

早速、ATMコーナーに行き、1万円をキャッシングし、無事同僚の壮行会に出席することができました。

返済は、数か月に分けて小遣いから返しましたが、金額も小さいため特に気にするほどの利子も無く、無事完済しました。

また、別のある日、時間があったので商店街をぶらぶらしていると、あるブランドショップでセールをしていました。なんと私が、前々から欲しかったコートが半額になっていたんです。この時、どうしても欲しかった私は、さっそくATMに向かいキャッシング。無事、欲しかったコートをゲットできました。

金額は、定価約5万円が購入金額2万5千円です。

これについても、数か月で無事完済しました。

就職してからこれまで、思えば手持ちのお金が無いばかりに、いろいろなチャンスを逃してきたような気がします。

カードローンって、何となく怖い印象、悪い印象があり、いざ借りるには躊躇してました。

でも、いざ借りてみると、少ない金額であれば小遣いの範囲内で余裕で返済できるし、むしろとても便利で、良い印象に変わりました。

今後も私の給料や小遣いが上がることは、まず無いと思いますので、リスク管理をしながらカードローンを活用していきたいと考えてます。

しばらくカードローンのお世話になっていました

2001年に初めて就職したときにカードを作りました。正社員だったので審査は一発で通り、主にインターネット通販で使っていました。

その時には使った分のローンはしっかり返していたので、「借金をしている」という感覚はありませんでした。

数年後にamazonを知ってからは「買い物依存症かな?」というぐらいにカードで買い込んでいましたが、あまり問題なかったです。

それからしばらく忙しくなり、あまり買い物道楽の方も振るいませんでしたが、その後会社も辞め、無職状態になった時からカードを乱用するようになってしまいました。

一応復職はしましたが、初めに作ったカードと別にもう一枚カードを作り、二枚のカードを交互に使ってなんとか遣り繰りしていました。それでも月初にはリボルビングの支払いを5000円ずつしなければならないのですが。

初めに作ったカードはVISAで、色々と制約があり、返済を何度か遅らせたことで途中で退会になりました。そしてローンが数万円ありましたが、退会になった直後にローンが2円だと教えられ、即刻完済になりました。

もう一枚のカードはJCBで、制約は緩かったです。何度か返済が遅れましたが退会になる事もなく、再び無職になるまで使い続けました。

それでも使い続けていたら、ローンは15万円ほどになっていました。5000円ずつ返しても何年かかるか分かりません。

そして再び復職し、カードをまた使えるかどうかカード会社に聞いたところ、有効期限を過ぎたら更新はないと言われました。

とりあえずお金のある時に親の援助もあって完済しましたが、しばらくカードは使わないと思います。