アルバイトが審査に通るための条件

現在のキャッシングは会社の正社員ではなくても利用可能です。利用限度額は本人の経済力に応じて設定されるので、アルバイトで生計を立てている方でも問題なく利用できるのです。ただ、アルバイトをしているだけで必ず利用できるとは限りません。やはり一定の条件は満たす必要があります。

ある程度の在籍期間がある

まず必要になるのは一定の在籍期間です。アルバイトは簡単に辞めることができるので、ある程度職場に定着したと判断できる期間は働いていないと審査に通りません。できれば半年間は同じ職場に勤めていることが望ましいです。登録制の派遣アルバイトの場合は、同じ派遣会社で働いているのであればOKです。

収入の金額が安定している

収入の金額が安定していることも重要なポイントです。アルバイトは働く時間をある程度コントロールできるので、月によっては収入が多くなったり少なかったりします。ある月だけ収入が極端に少なかったりすると安定した収入があるとはいえません。少なめであっても毎月ほぼ決まった金額の収入があれば問題なしです。

収入の金額がそれなりにある

アルバイトで生計を立てている方がキャッシングを利用する際に、収入制限というものはありません。しかし、やはり最低限の月収があることは求められます。そもそも融資できる金額は年収によって制限されています。アルバイトをしているとはいえ、あまりにも収入が少ないときは審査に通らないことがあります。できれば毎月10万円以上の収入があるほうが望ましいです。