総量規制について

キャッシングを利用しようと考えたとき、消費者金融や銀行などいろいろあって迷うこともあるかと思います。

しかし、多くあるサービスの中で銀行によるキャッシングにしかない利点があります。それは、総量規制の対象外であるということです。総量規制とは、多重債務者を減らすことを目的として定められたもので、消費者金融などの貸金業者からお金を借りる場合その額は年収の三分の一までとされる規制です。しかし銀行は貸金業者ではありませんので総量規制の対象から外れ、審査によって年収の三分の一以上でも融資が可能という結果になれば融資を受けることが可能になります。

また、総量規制は年収の三分の一と定められているので、例えば個人での収入が0円である専業主婦などは消費者金融での融資を受けることができません。しかし銀行であれば総量規制の対象外なので、配偶者などによって家庭に安定した収入があって審査を通過すれば、収入が0の専業主婦でも融資を受けることが可能なのです。

銀行と消費者金融を比べると、銀行の方が審査が厳しく融資までの日数も長いですが、その分このようなメリットがあり、しかも圧倒的に低金利です。むしろ審査が厳しい分、ここまでの大きなメリットがあるのです。