本人確認の方法と在籍確認について

キャッシングの審査において、本人確認というのは本人確認書類を用いて行われるものと勤務先の在籍確認で行われるものがあります。

前者は本人確認書類というものを用意しておく必要があり、運転免許証、健康保険証、パスポートなどがそれに当てはまります。また、申し込み方法によって提出の仕方というのが異なることにも注意してください。

例えば、窓口や自動契約機から申し込みを行う場合、本人確認書類のどれか一つを持参し、コピーをとることになるため、申し込みをする場合には必ず所持しておく必要があります。郵送で申し込みを行う場合、本人確認書類をコピーして郵送する必要があり、WEBから申し込みを行う場合は本人確認書類をスキャンやカメラによって画像化し、送信する必要があります。

賃金業者によっては専用アプリの指示に従うだけで申し込みを完了することができるので便利です。また、申し込み方法に関係なく、一度に借り入れる金額または総額の借り入れ金額によって、源泉徴収票などの収入証明書類を合わせて提出することになることも覚えておきましう。

一方、後者については申込者の勤め先に電話が入り、申込者が在籍しているかを確認することになります。電話の内容としては、申込者が在籍されているかを尋ねられるだけで、賃金業者側が名乗るようなことは基本的にあり得ません。よって、勤め先にお金の借り入れについて気づかれる心配もなく、安心して利用することが出来るのです。

各必要書類については、前もって用意しておくことでスムーズに審査を通過することができます。