キャッシングの抵抗感

人にもよると思うんですが、初めてキャッシングをするときというのは少なからず緊張すると思います。

キャッシングなんて…と後ろめたい気持ちを抱く人もいると思います。

でも、いざ審査が通り、三十万、四十万とまとまった金銭が自由になると決まった時は、そんな気持ちもふっとんで、まるで自分の貯金のように勘違いしますよね。
そして、毎月五千円か一万円か返していけば、また引き下ろせて夢のように感じる方もいるでしょう。

数万円を下ろして、毎月ちょっとずつ入金して、返すお金が足りない時にはまた借りてを繰り返し、だんだんと抵抗感がなくなるのです。
最初はあんなに小さな気持ちで借りたのに。

魔が差す、自棄になる、癖になる。
決して軽い気持ちで借りてはいけません。

でも、いつまでも抵抗感をもちつつ本当に困った場合にだけ使うことは、悪いことじゃないと思います。
キャッシングとは本来そのようなものだと思っています。