太る原因の食べがちな朝食

ダイエット中でも3食きちんと食べるのがダイエット成功の秘訣です。

実は朝食メニューが、ダイエット効果を得ることができません。そこで、ダイエットにはNGな朝食メニューをご紹介します。

食パンの原料となる小麦は、小麦胚芽を取り除いた糖質部分から造り出だし物。

食パンそのものは甘くないが、糖質はたっぷり含まれています。

また、トーストに塗るマーガリンも、カローリーが高いので要注意です。

マーガリンに含まれている「トランス脂肪酸」には、心臓病や認知症、うつ

などの病気との関係性が懸念されている。http://www.stelvanschurchaberdare.com/

海外ではマーガリンの使用が禁止されている国もあるそうです。

菓子パンや惣菜パンもオイルやバター・砂糖・中にはチーズたっぷり含まれている物あるので食べ過ぎには注意が必要です。

「朝はパン派」という方は、マーガリンの量を気を付けて食べるようにしましょう。

朝はバタバタして慌ただしいので、市販のフルーツジュースで済ませてしまう方もいるかもしれませんが、市販のフルーツジュースは、製造過程の中でビタミンや、食物繊維が失われている可能性があります。

同じフルーツジュースを飲むなら、今流行のスムージーを家で作るのをおすすめします。

低脂肪・無脂肪のヨーグルトは身体に良さそうですが、糖分が加えられている物もあります。

中には、普通のプレーンヨーグルトよりも砂糖が含まれている事もあるので、

原材料や、カロリーをチェックしてみる事が大事です。

もう食べる物がない!と思うかもしれないが、やっぱり日本人と言えば

「ご飯+お味噌汁」のゴールデンコンビが朝食の強い味方。

朝に35gのタンパク質を摂取すれば、その日1日に摂取するトータルカロリーが減少したという、アメリカの研究結果もあります。

また、今話題のチアシードは水で膨らむので少量でも満腹感を得られて、しかもタンパク質も豊富だそうです。

食物繊維や不足がちな鉄分も豊富なので、お勧めします。

朝食をしっかり食べて、夕食のご飯の量を減らしましょう。そうすることで、体重が減りますよ。