悪質なFP(フィナンシャルプランナー)に注意して下さい!

銀行やサラ金から拝借がある件、多少なりとも金利の低いローンへの借り換え、或いは複数社の拝借を一体化して消費能率を良くしたいというヒューマンは多いと考えます。最近では、資産かじ取りや負債の消費産物に力を入れるFP(フィナンシャルプランナー)が増えているものの、中には悪質な団体も含まれています。
一例としては、負債のお集成産物として、不動産取引によるリターンから消費を勧めて来るFPもいる。各個々心頼み報知をお客様に口外させ、その報知を基に銀行や貸金団体と相談して、不動産を売買するといった手口があります。一見すると資産が手元に残り、負債も収まる様に思われますが、負債自体が増えて仕舞うという問題があります。また、キャシング約定ではなく、屋敷ローンとなってしまうため、元本自体が高くなり、金利も高額です。その上、打ち合わせ料や大成ギャランティを請求されるなど、ユーザーから搾取するケースもある結果、FPへ相談するのではなく、パブリックが開設する打ち合わせ受け付けによるのが重要です。