アルバイトでひとり暮らしをしている者なのですが消費者金融の審査に通ってキャッシングを利用することができました。審査に通るか自信のないまま申し込んでみしまたが審査に通ってしまい自分でも驚いてしまいました。

私のアルバイト歴は8年になります。8年間ずっと同じ職場なのでそれが審査にも良い評価を得たのかも知れません。勤続年数の長さは審査にも影響すると聞いたことがあります。希望借入額も数万円という少額だったのも良かったのかも知れません。持っているクレジットカードで過去に滞納や遅滞などトラブルを起こしたことが無いのも幸いしたと思います。

また借りている部屋に固定電話を引いているのも良かったのかも知れません。本当かどうかは判りませんが固定電話を持っているほうが審査に通りやすいと聞いたことがあります。実家を出るとき余っていた電話回線を持ってきて良かったと思っています。申し込みはその電話回線を使ったインターネットで部屋のパソコンから行いました。

職場の近くにも消費者金融の申し込みに使う無人契約機はあるのですが部屋のパソコンから申し込めたので落ち着いて手続きができて気分的に楽でした。申し込みから審査が通るまで本当に早かったです。1時間も掛らなかったのではないかと思います。真夜中過ぎに手続きをしたのですが翌日の午後にはもう口座にお金が振り込まれていました。こんなに簡単に借りられるとは思ってもいなかったので正直驚きました。

簡単に利用できめるのは良いのですが借り過ぎには注意して利用していきたいと思っています。

キャッシングの審査において、本人確認というのは本人確認書類を用いて行われるものと勤務先の在籍確認で行われるものがあります。

前者は本人確認書類というものを用意しておく必要があり、運転免許証、健康保険証、パスポートなどがそれに当てはまります。また、申し込み方法によって提出の仕方というのが異なることにも注意してください。

例えば、窓口や自動契約機から申し込みを行う場合、本人確認書類のどれか一つを持参し、コピーをとることになるため、申し込みをする場合には必ず所持しておく必要があります。郵送で申し込みを行う場合、本人確認書類をコピーして郵送する必要があり、WEBから申し込みを行う場合は本人確認書類をスキャンやカメラによって画像化し、送信する必要があります。

賃金業者によっては専用アプリの指示に従うだけで申し込みを完了することができるので便利です。また、申し込み方法に関係なく、一度に借り入れる金額または総額の借り入れ金額によって、源泉徴収票などの収入証明書類を合わせて提出することになることも覚えておきましう。

一方、後者については申込者の勤め先に電話が入り、申込者が在籍しているかを確認することになります。電話の内容としては、申込者が在籍されているかを尋ねられるだけで、賃金業者側が名乗るようなことは基本的にあり得ません。よって、勤め先にお金の借り入れについて気づかれる心配もなく、安心して利用することが出来るのです。

各必要書類については、前もって用意しておくことでスムーズに審査を通過することができます。

2001年に初めて就職したときにカードを作りました。正社員だったので審査は一発で通り、主にインターネット通販で使っていました。

その時には使った分のローンはしっかり返していたので、「借金をしている」という感覚はありませんでした。

数年後にamazonを知ってからは「買い物依存症かな?」というぐらいにカードで買い込んでいましたが、あまり問題なかったです。

それからしばらく忙しくなり、あまり買い物道楽の方も振るいませんでしたが、その後会社も辞め、無職状態になった時からカードを乱用するようになってしまいました。

一応復職はしましたが、初めに作ったカードと別にもう一枚カードを作り、二枚のカードを交互に使ってなんとか遣り繰りしていました。それでも月初にはリボルビングの支払いを5000円ずつしなければならないのですが。

初めに作ったカードはVISAで、色々と制約があり、返済を何度か遅らせたことで途中で退会になりました。そしてローンが数万円ありましたが、退会になった直後にローンが2円だと教えられ、即刻完済になりました。

もう一枚のカードはJCBで、制約は緩かったです。何度か返済が遅れましたが退会になる事もなく、再び無職になるまで使い続けました。

それでも使い続けていたら、ローンは15万円ほどになっていました。5000円ずつ返しても何年かかるか分かりません。

そして再び復職し、カードをまた使えるかどうかカード会社に聞いたところ、有効期限を過ぎたら更新はないと言われました。

とりあえずお金のある時に親の援助もあって完済しましたが、しばらくカードは使わないと思います。

人にもよると思うんですが、初めてキャッシングをするときというのは少なからず緊張すると思います。

キャッシングなんて…と後ろめたい気持ちを抱く人もいると思います。

でも、いざ審査が通り、三十万、四十万とまとまった金銭が自由になると決まった時は、そんな気持ちもふっとんで、まるで自分の貯金のように勘違いしますよね。
そして、毎月五千円か一万円か返していけば、また引き下ろせて夢のように感じる方もいるでしょう。

数万円を下ろして、毎月ちょっとずつ入金して、返すお金が足りない時にはまた借りてを繰り返し、だんだんと抵抗感がなくなるのです。
最初はあんなに小さな気持ちで借りたのに。

魔が差す、自棄になる、癖になる。
決して軽い気持ちで借りてはいけません。

でも、いつまでも抵抗感をもちつつ本当に困った場合にだけ使うことは、悪いことじゃないと思います。
キャッシングとは本来そのようなものだと思っています。

最近の機能で驚いたのはネットキャッシング。インターネットから金額を入力し送信すると数分後には口座に入金されます。

自分は楽天銀行のスーパーローンを利用していますが、この商品は500万円の金額の枠で、その枠内であればいくらでも利用可能です。
そして、楽天銀行に口座を持っています。他の口座でも良いのですが、できれば楽天銀行の口座ももっていたほうがよいでしょう。

というのは、楽天スーパーカードローンの振込口座を楽天銀行の口座に設定します。すると、数後には入金され、口座から出金ができます。

そのときの手数料が安いのです。楽天のカードローンを返済する際に、楽天銀行の口座だと手数料がかからなかったと思います。
それが、別の銀行だと手数料がかかったと思いますが。

その手数料ってバカになりませんよんね。

100円、200円の積み重ねが、あっという間に数千になってしまいます。そのあたりも考え、手数料は非常に気にします。

そして、返済をする際にも、楽天銀行の口座からなら、すぐに振込入金もできるようになります。これは365日、24時間対応が可能です。

また、金利が低いのも非常に魅力です。以前はクレジットカードを利用していましたが、金利が高い。
18%などという高金利。これを知らず、結構長年利用していました。

しかし、楽天のスーパーカードローンは金利が5%くらい。これは低い。
これで借り換えてしまいました。金利だけを比較すると、10%以上の差があるので、本当にお得だと思います。

 

短期派遣のキャッシング事情⇒(http://www.communityinteraction.org/

転職をしてから、まだそれほど時間が経ってない頃にキャッシングでお金を借りようとしても、なかなか審査に通らない可能性もあります。
したがって、お金を借りたい場合には、転職をする前か、転職後に大分時間が経過してからでないと無理な場合もあります。

特に転職をしてまだ1ヶ月も経ってない頃というのは、1番借りられる可能性は低いと思います。
それは転職直後で、まだ初めての給料も出ていない段階では、その人が今後どれだけの収入を毎月稼いでいけるのか?が分からないからです。

本人はある程度知っている可能性はあるかもしれませんが、まだそれを証明できるものがないと、なかなか信用してもらえないのでしょう。

また、転職直後ということは、その会社に今後どれだけ長く勤めていくか?というのもまだ分かりません。

一般的に勤続年数が長い方が有利ですから、転職して間もない時期というのは、またすぐ辞めて、収入が不安定になるんじゃないか?と心配させてしまう余地があることになりますから、それだけ審査においても不利になります。
転職してすぐに絶対にどこからもお金が借りられないわけではありませんが、審査に落ちても不思議ではないということは覚えておいてください。